TOP > コラム > 防災知識、防災体験を家作り、部屋選びに活用

不動産・建築コラム

防災知識、防災体験を家作り、部屋選びに活用

「防災の日(9月1日)」の前後1週間には「防災週間(8月30日(火)~9月5日(月))」が設けられており、災害にちなんだ様ざまな催しが行われます。これらは、「家を建てたい」「良い部屋を選びたい」という人たちの役に立つものが少なくありません。

とはいえ、防災週間のイベントに参加できない人もいえるでしょう。しかし各地には、台風、高潮、津波、地震といった自然災害や火事などの被害を学習・体験できる施設が点在しています。時間のある時、足を運んでみてはいかがでしょう。

 

 

災害に遭うことを考えた物件選び

家を建てる、賃貸を探す場合、たとえば「この物件は耐震性が高く、震度○までなら安心」「耐火性に優れているので火事に強い」といわれても、実際の災害に遭遇したことがなければ、その耐久性はなかなか想像できないといえます。また、建物や部屋が災害に見舞われた時、「どのような現象(地震なら揺れ方、火事なら煙や火の回り方など)が起こるのか」「そこから安全に避難・脱出する方法」を知っておく必要もあります。

不動産物件を選ぶ際は、「立地」「間取り」「お手頃の家賃(一軒家なら販売価格・ローン)」「築年数」など、金銭面も含めて「快適に暮らすこと」を優先する人がほとんどです。もちろん、それは決して間違いではありません。しかし、通常時だけでなく、有事の時のことを考えた上で、家作りやお部屋探しをすることも大切だといえます。

 

各地にある「防災学習施設」で災害を体験する

日本各地には、台風をはじめ、地震、津波といった自然災害、実際の火事などで起こり得る被害を学習・体験できる施設が数多くあります。国土交通省など国が管理するものもあれば、東京消防庁が運営する施設、また市町村単位の施設も設けられています。

◯首都圏の主な防災学習施設    

●東京臨海広域防災公園
首都直下地震といった大規模災害発生時に、「災害現地対策本部」などが置かれる首都圏広域防災のヘッドクォーター、広域支援部隊のベースキャンプ、災害医療の支援基地として、東扇島地区(川崎市)の物流コントロールセンターと一体的に機能する防災拠点施設となっています。園内には、防災体験学習ができる施設「そなエリア東京」があり、エレベーター内で下降中に震度7の地震が発生、停電した薄暗い従業員通路を避難誘導灯と非常放送を頼りに避難するという設定で、地震発生後72時間の生存力をつける、体験学習ツアー「東京直下72h TOUR(団体の場合は予約必要)」、津波の特徴を知ることができる「津波避難体験コーナー」をはじめ、防災に関する資料の展示、催しなども行われます。

◇開園・開館情報
公園開園時間:午前6時~午後8時(休園日:年末年始および臨時休園日)
防災体験学習施設利用時間:午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで。休館日:月曜日。※月曜日が祝日の場合は翌日。年末年始および臨時休館日あり)
入園料・入館料共に無料
住所:〒135-0063 東京都江東区有明3−8−35
電話:03-3529-2180

●横浜市民防災センター
横浜駅周辺の都市災害対応、市民への防災知識の普及啓発、備蓄物資・資機材の保管を主な目的として開設。館内には様ざまな展示をはじめ、数かずの避難訓練、体験学習も行っています。なお、体験施設には、次のようなものがあります。

●災害シアター(過去の災害、今後横浜を襲うことが予想される大地震について、ストーリー仕立ての映像で再現。臨場感あふれる演出で、地震による被害をわかりやすく、知ることができる)
●地震シミュレーター(震度3~7の揺れをはじめ、東日本大震災、阪神淡路大震災など過去の地震、戸建住宅や超高層ビルなど、様ざまな揺れを体験できる。車椅子でも体験可能)
●火災シミュレーター(消火器を使った消火体験と、煙からの避難行動を体験。煙体験は体に害のない煙を充満させ、外からも煙や避難の様子を見学可能)

◇開園・開館情報
開館時間:午前9時15分~午後5時00分
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館、次の平日が休館、年末年始(12/29~1/3))
入館料無料
住所:〒221-0844 横浜市神奈川区沢渡4-7
電話:045-411-0119
ださい。

以下は防災体験ができる施設リストです。

◇ 東京消防庁消防防災資料センター 消防博物館
開館時間:午前9時30分~午後5時00分(休館日:毎週月曜日。※国民の祝日にあたる場合は翌日、12月28日~1月4日)
入館料無料
住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷3-10
電話: 03-3353-9119

◇ 東京消防庁立川都民防災教育センター(立川防災館)
開館時間:午前9時分~午後5時(休館日:毎週木曜日・第3金曜日。※国民の祝日にあたる場合は直後の平日、年末年始 12月28日~1月4日)
入館料無料
住所:〒190-0015 東京都立川市泉町1156−1
電話: 042-521-1119

◇東京消防庁本所都民防災教育センター(本所防災館)
開館時間:午前9時~午後5時(休館日:水曜日・第3木曜日。※国民の祝日に当たる場合は翌日。年末年始(12月28日~1月4日))
入館料無料
住所: 〒130-0003 東京都墨田区横川4-6-6
電話: 03-3621-0119

◇東京消防庁本所都民防災教育センター(本所防災館)
開館時間:午前9時~午後5時(休館日:水曜日・第3木曜日。※国民の祝日に当たる場合は翌日。年末年始(12月28日~1月4日))
入館料無料
住所: 〒130-0003 東京都墨田区横川4-6-6
電話: 03-3621-0119 ・池袋防災館(東京消防庁)
    
◇ 東京消防庁池袋都民防災教育センター(池袋防災館)
開館時間:午前9時~午後5時(体験コーナーの最終受付は午後4時15分。休館日:火曜日・第3水曜日。※国民の祝日に当たる場合は翌日。年末年始(12月28日~1月4日))
入館料無料
住所: 〒171-0021  東京都豊島区西池袋2丁目37番地8号
電話: 03-3590-6565

◇しながわ防災体験館
開館時間:午前9時~午後5時( 休館日:月曜日・土曜日・祝日・年末年始)
入館料無料
住所: 品川区役所(広町2-1-36)防災センター2階
電話:03-5742-9098(受付)

« コラム一覧

page up

Copyright © Tokai Jutaku Inc. All rights reserved.